よくある質問
(更新:2021年3月22日)

1

Q :

入力した文書は、上書き保存されますか?

A :

上書き保存はされません。ネットワークがオンラインの時に入力を済ませて頂く必要が
あります。ブラウザを閉じたり、端末をシャットダウンしてしまうと最初から入力し直す
必要があります。

2

Q :

フォームへの入力とファイルをアップロードするタイミングは同時に行う必要がありますか?

A :

すべての書類が揃わない限り、エントリーは完了しません。そのため、予め必要申請書類をダウンロード頂き、フォームへの入力及び書類アップロードを同時に進めていただく必要がございます。端末上に必要申請書類をダウンロードの上、入力を進めてください。

3

Q :

生年月日は、西暦と仏歴どちらで記入するのでしょうか?

A :

西暦でお願いします。

4

Q :

写真のピクセルサイズの規定はありますか?

A :

1MB以内のサイズのアップロードをお願いします。

5

Q :

撮影写真の規定はありますか?

A :

脱帽、バストアップを基本とし、顔がはっきり映っている写真を添付してください。

6

Q :

資料のスキャンができない場合、スマホ等で撮影したデータを添付するのは可能ですか?

A :

証明書の資料として、判別できれば問題ありません。

7

Q :

エントリーはWEB上だけの受付でしょうか?

A :

郵送でのエントリーも受け付けています。必要書類を記載の上、事務局まで発送して
ください。

8

Q :

エントリー完了後に記載事項を修正したい場合は、どうすればいいですか?

A :

事務局へ直接お問い合わせください。但し、作文の修正は受け付けることができません。

1

Q :

JLPT証明証の有効期限はありますか?

A :

特に設けていません。取得しているJLPT証明証の写しをアップロードしてください。

2

Q :

JLPTの証明書を失くして手元にない場合、どうすればいいでしょうか?

A :

下記サイトより証明書の再発行手続きを行い、提出をお願いします。再発行に時間が
かかり、期日内に証明書を提出できない場合は事務局に連絡のうえ、届き次第事務局まで
送付してください。
https://www.jlpt.jp/sp/saihakkou.cgi

3

Q :

昨年度、JLPT受験を予定していましたが、新型コロナウィルスの影響で受験できません
でした。現時点でJLPT資格がないのですが、応募できませんか?

A :

新型コロナウィルスの特別措置として、2021年7月受験の受験結果までを提出可とします。事務局にその旨連絡のうえ、2021年7月の受験結果が届き次第、JLPTの証明書を事務局まで送付してください。

4

Q :

JLPT以外の日本語検定を取得していますが、代替可能ですか?

A :

JLPT以外の日本語検定で、JLPTN4と同レベルの級を取得済であれば、応募できます。
詳しくは、取得済の証明書を添付の上、事務局までお問い合わせください。

1

Q :

所属学校長からの研修参加許可は、校長代理の認可でも可能でしょうか?

A :

校長のサイン取得がどうしても困難な場合につき、副校長のサインを申請許可します。

2

Q :

「直筆の署名」ですが、オンライン募集の場合はデジタルサインで大丈夫でしょうか。

A :

所属学校長からのサインは、オンライン、郵送に関わらず、直筆のサインのみ可であり、
デジタルサインは不可とします。

1

Q :

作文は、英語でも可能でしょうか?

A :

作文はタイ語と日本語双方での提出となります。英語で記載できる箇所は、フォーム内の
項目をご確認ください。

1

Q :

エントリー後に他の学校に転籍した場合、エントリーは無効になりますか?

A :

無効にはなりません。但し、応募者の個人情報を変更するため、事務局に連絡して
ください。

2

Q :

タイ在住ですが、国籍がタイ国以外の場合は、エントリー可能でしょうか?

A :

日本語を母国語としない事が条件となります。タイ語での入力が困難な場合、事務局に
お問い合わせください。

3

Q :

国立学校で長年、非常勤日本語教師として働いていますが、K1資格がありません。
その場合は応募できないでしょうか?

A :

教師としての実績とJLPTの資格があれば、一旦ご応募ください。なお、K1資格を保有していない理由があれば明記してください。

4

Q :

学校区分が公立でも私立でもないため、応募要件がどれに該当するのかわかりません。
その場合は応募できないでしょうか?

A :

教師としての実績とJLPTの資格があれば、一旦ご応募ください。なお、K1資格を保有していない理由があれば明記してください。

5

Q :

私立で日本語教師として5年間勤務後、昨年から公務員として公立の学校で日本語を教え
始めたためK1資格を持っていないのですが応募することはできませんか?

A :

応募者が公立、私立の両方で日本語教師として勤務の経験がある場合は、どちらかの勤務
期間で要件を満たしていれば応募資格があります。但し、現在日本語教師として現職にない
場合は応募資格がありません。

このウェブサイトは、公益財団法人 博報堂教育財団(以下「財団」)が運営しています。このウェブサイトはあなたを他のユーザーと区別するためにクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続して使用することによって、あなたは財団のクッキーポリシーに同意するとなります。クッキーポリシー (Cookie Policy)