メッセージ

タイと日本は長い交流の歴史の中で大変良好な関係を築いてまいりました。経済から文化に至るまで、様々な分野での連携が進んでいますが、その土台は、互いの国の言葉や文化を知るという草の根の交流です。博報堂教育財団の「日本語教育プログラム」は、日本語教師の皆様に日本での研修の機会を提供する大変有意義なプログラムです。このプログラムを通じ、タイと日本の関係が更に深まっていくことを期待しています。

在タイ日本国大使館 大使 梨田和也

タイには、約18万人の日本語学習者がおり、その数は全世界で5番目です(2018年国際交流基金調査)。そのうちの約80%が、小・中・高校で日本語を学ぶ学生の皆さんです。より多くの方に、より高いレベルの日本語を学んでもらうためには、教師のレベルアップもとても重要です。この新しいプログラムでは、私たち国際交流基金も協力し、充実した日本での研修内容をお届けします。多くの教師の皆さんからのご応募を歓迎します。

国際交流基金バンコク日本文化センター 日本語事業部長 松井優樹

タイ国日本語日本文化教師協会(JTAT)は約300人の会員を誇る、大学・高校などのタイ人日本語教員を中心とした教師会です。私たちは、21年3月からスタートの博報堂教育財団「日本語教育プログラム」を心から歓迎します。タイの小学校・中学校・高校で日本語を教えている、タイ人の先生方が、日本で最長3週間の研修を受けられる絶好の機会です。ぜひ本プログラムに応募し、日本で日本語や教授法のブラッシュアップを目指しましょう。

タイ国日本語日本文化教師協会(JTAT) 会長 スニーラット・ニャンジャローンスック

このウェブサイトは、公益財団法人 博報堂教育財団(以下「財団」)が運営しています。このウェブサイトはあなたを他のユーザーと区別するためにクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続して使用することによって、あなたは財団のクッキーポリシーに同意するとなります。クッキーポリシー (Cookie Policy)