日本研修招聘

プログラム概要

下記応募条件をクリアする教員を対象に、公募し、審査のうえ、上限30名を、最長3週間の日本研修(国際交流基金日本語国際センター)に招聘します。

(a.) 期間

2022年4月4日(月)〜4月24日(日) 予定

(b.) 研修内容

日本語教授法、学校訪問や各種体験学習等(箱根研修旅行含む)、生教材の収集

(c.) 支給予定内容

タイ遠方者の国内交通費・空港隣接ホテル前泊代、日本までの往復航空運賃(出国税・空港利用税含む)、査証代、日本滞在中の宿舎・食事・活動費(研修費・交通費などを含む)、教材費、日本語書籍購入費、日本での生教材収集に係る調査費、海外旅行保険の付与など

(d.) その他

研修はJTAT(タイ国日本語日本文化教師協会)から随行員が帯同します。


応募条件

本プログラムへの応募は、タイの初等・中等教育課程(公立・私立)で日本語を教えている、母語を日本語としない教員で、かつ、教員年数や日本語レベル、双方で下記条件を満たした者であること。

学校区分 教員経験・年数 日本語レベル
公立教員
(初等・中等教育課程前期後期)
公務員資格K1取得者
(教員経験2年以上で取得可能)
JLPT(日本語能力試験)
におけるN4*以上を取得
私立教員
(初等・中等教育課程前期後期)
同じ学校で最低2年間勤務 JLPT (日本語能力試験)
におけるN4*以上を取得

*JLPT(日本語能力試験)におけるN4・・・基本的な日本語を理解することができる


応募手続

(1.) 提出書類

  • 応募申請書
    (所属学校長からの研修参加許可と個人情報の取扱いに関する同意書含む)

  • 作文 (日本語400字程度) (タイ語翻訳も添付)

  • JLPT (日本語能力試験) 認定書 (写し)

1 次選考通過者は次の追加資料を提出してください。

  • 教員ポートフォリオ

  • 授業の工夫が分る映像資料 (任意)

(2.) 受付期間と提出先

  • 受付期間: 2021年5月31日 (月) までに指定提出先必着

    (Web上に応募。PCや通信環境の問題等でWeb上に応募できない方は郵送も受け付けます。)

(3.) 選考の流れ

  • 一次選考 2021年7月下旬頃一次選考通過者へ連絡

  • 二次選考 追加資料受付期間: 2021年8月2日 (月)~9月3日 (金) 合格者発表 2021年11月頃

応募要項のダウンロード


応募方法

オンラインでの応募

オンラインでの応募

郵送での応募

郵送先:

博報堂教育財団 日本語教育プログラム事務局
(プロダクツバンコク内)

PRODUCTS (BANGKOK) CO., LTD.
15F, Tonson Tower, 900 Ploenchit Road,
Lumpini, Pathumwan, Bangkok, 10300
TEL. 06 1174 7233

全ての書類をダウンロードするため、
以下のボタンをクリックしてください。


よくある質問の詳細はここをクリックしてください。

このウェブサイトは、公益財団法人 博報堂教育財団(以下「財団」)が運営しています。このウェブサイトはあなたを他のユーザーと区別するためにクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続して使用することによって、あなたは財団のクッキーポリシーに同意するとなります。クッキーポリシー (Cookie Policy)